アンチブルー
​​光は一種のエネルギーです。
 
波長のより長いUVから波長のより短い可視光線(380 nm~500 nm)までを、青色光(ブルーライト)と呼ばれます。
波長が短いほど、伝達されるエネルギーが高くなり、青色光が持つエネルギーは赤色光より2倍も強いです。波長380nmの光のエネルギーは、光子1個あたり3.27eVで、760nmの光は1.63eVです。
青色光を減らすことで、有害な影響を軽減し、視力を改善することができます。 
 
私たちが見えないエネルギーは、私たちを殺す可能があります。
 
目に見えない紫外線(UV)によって、ヒトの網膜細胞は燃焼、化学組成やDNAの変化などにより損傷を受け、ひいては癌に進展すると考えられます。
青色光は、網膜の手前で焦点を合わせます。一方、緑色光と黄色光は網膜上で焦点を結び、一部の赤色光は網膜より後ろで焦点が合います。
 そのため、目は常に青色光に焦点を合わせようと働き、血管に負担をかけます。
 
青色光をカットすることで、コントラストと奥行き知覚が向上し、目の疲れを大幅に軽減して、視力の損傷を防ぎます。
NASTEKは、視力を強化・保護するために開発された光学技術であり、NASTEKレンズは紫外線を100%(C / B / A)カットし、グレアを有効に低減することで、角膜および網膜を保護します。最大98.9%のブルーライトカットで、視界を明るくする最大80%の可視光線透過率で視力が向上します。NASTEKはEN 174 : 2001、ASTM F659 - 10といったスキーゴーグルの国際規格に準拠し、それ以上の品質を確保しています。  
 
空気が薄くなるため、高度が上がるにつれ、太陽光によって目が損傷するリスクが急激に増加します。そこで、目を保護することが重要となります。NASTEKレンズはARコーティングが7層以上施され、究極のHA保護を実現します。乱反射やグレアを除去することで、歪みのないクリアな視界を確保し、スキーヤーにとって最適の視力や保護を提供します。
NASTEKのブルーライト対策技術は変革をもたらしています。これにより、スキーヤーは、いかなる光条件においても、視界がより鮮明になり、より良く、遠く見ることができます。スキーヤーは、斜面や障害物を直ちに識別できるようになり、スピーディーかつ安全に滑ります
レンズの色合いについて探求しましょう。